コミュニケーションの歴史

コミュニケーションの過去から学ぶ

コミュニケーションは、有史以来そして、それ以前から行われてきました。

最初のコミュニケーションとは、どのようなものだったかを知って、
現代のコミュニケーションにも役立ててきましょう。

それでは、コミュニケーションとは、意思の伝達というのが、根本でしょう。

「獲物がいる」、「危険が迫っている」・・・などなど。

これが、コミュニケーションの始まりです。

そして、だんだんと人類はコミュニケーションに対する知識を身に付けました。

意思伝達の手段として、踊りを覚え、歌を覚え、その中で寓話が生まれて。。。
絵画も生まれました。

そして、言葉も生まれます。

このように、コミュニケーションには、いくつものツールが発生することになりますが、
このツールの開発ごとにコミュニケーションは別のステージに向かうことになります。

もともと、コミュニケーションは、情報伝達の手段でしかなかったのですが、
だんだんと別の意味も持つようになってきます。

その意味とは、感情の伝達としてのコミュニケーションです。

コミュニケーションは高度化していくに当たって、
それまで情報伝達だった情報は感情も含むようになります。

この感情のコミュニケーションとは、ある側面では、
素敵な使い方を増やしました。

好意の感情を与えたり、人の心を揺さぶったり・・・。

しかし、その一方で弊害も起こりました。

この感情のコミュニケーションの不一致によって、
人間関係の問題を生じさせることです。

このコミュニケーションの不一致を防ぐ為には、
感情を伝えるツールとしてのコミュニケーションを学ぶことが大切でしょう。

相手の感情を尊重するコミュニケーションを心がけたいものです。

【まとめ】

コミュニケーションをするときには、
感情のツールとしての側面に注意する。