傾聴する力は、そのままコミュニケーション能力の高さにつながる



傾聴することが、コミュニケーション能力を高める理由。
そして、傾聴できないと、コミュニケーションで損をする理由。


実は、傾聴する力を身につけることは、あなたのコミュニケーション能力を
高めてくれます。傾聴する力と言っても型にはまったものではありません。
人により、コミュニケーションのとり方は違いますので、その人なりのベストな
傾聴の使い方が存在します。


重要な事は、傾聴のポイントをはずさないことです。
そして、それ以上に、傾聴のポイントをしっかりと押さえます。



まずは、傾聴で大切なことを具体的に、2つお話します。

1、相手に、相手が話したいことを話してもらう
2、相手の話を否定せずに、受け止めながら話をする



その上で、冒頭の2つ、

・傾聴することが、コミュニケーション能力を高める理由。
・傾聴できないと、コミュニケーションで損をする理由。

についてお話します。




実は、傾聴することで次のようなことが起こります。

・だんだんと相手が自己開示して、自分のことを話してくれる。
 この時に、しっかりと相手の話を受け止めてコミュニケーションを取ることで、
 さらに自己開示してくれます。


その結果、あなたは、相手から見て、

1、話を聞いてくれる
2、話せる
3、信頼できる
4、気を許せる
5、貴重な人間
6、自分を受け入れてくれる


という存在になります。



この時点で、あなたがそれほど話をしていなくても、
人間関係を育むことができるはずです。


こういった理由から、傾聴する力は、
コミュニケーション能力を高めることにつながります。

ここまでを知れば、傾聴をしないことでどんな損をするのかは、
イメージできるかもしれません。後は、傾聴しながらも、
相手を楽しませる力、伝える力などを身につけることで、
より、コミュニケーション能力を高めることができるようになります。