悩み5: コミュニケーションの取り方がわからない



コミュニケーションのとり方がわからない。


実はこの悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
何事もなければ、コミュニケーションに悩みを持つことはありません。
しかし、人間関係が生まれると、自然に悩みも生まれます。


・伝えたいことが伝わらない
・相手の気持を理解できない
・緊張して上手く話せない
・気づいたら、自分のことばかり話してしまう



これらは、人間関係があって生まれてきます。
そして、ある程度真剣ならないと、この悩みは生まれません。



会話をすることはだれでもできます。
だからこそ、コミュニケーションの取り方について真剣に考える機会は少ないです。
真剣に考えたからこそ、「実は出来ていなかった」ことに気づきます。


しかし、

・恋人との関係で、自分を理解してほしい、相手の事を理解したいと思います。
・仕事では、どうしたらお客様に「あなたから買いたい」といってもらえるか?
・人生全般で関係性を深く築くにはどうしたらいいか?




こうして、真剣にコミュニケーションに関しての悩みが生まれます。
しかし、どうしたら良いかを学ぶ機会がないためわかりません。
だから先が見えず悩みが深まります。



人は可能性が見えないと不安が大きくなります。
しかし、今現在、ピンチに立っているとしても、
良くなる可能性が見えていると、人の気持ちは前向きにないます。



コミュニケーションに関する悩みをお持ちの場合、精神的に楽ではありません。
人生を構成しているのが人間関係だからです。
しかし、世の中には人の心理に基づいたコミュニケーションの方法が存在します。


それを身につけた時、
あなたのコミュニケーションや人間関係の悩みは改善されます。
その時、コミュニケーション能力も上がっています。



「やり方を学べば、だいたいのことは解決します」



悩み4: コミュニケーションで伝えたいことが伝わらない



伝えたいことが上手く伝わらない。


この悩みをお持ちの方も多いですね。
あなたが伝えたいことを伝えたつもりでも、相手は別の意味で受け取る。
このようなことは多々あります。


コミュニケーションにおいて、相手に伝える力は重要です。
あなたの人間関係、恋愛や夫婦関係、仕事やビジネスに違いを生み出します。



話が分かりやすい人をイメージしていただくと分かりやすいのですが、
噛み砕いていて、話を具体的にイメージできます。
そして、共通の認識を持てているかを確認しています。



つまり、伝える力とは、

・話を具体的に伝える
・要所要所で確認をしている
・共通の認識、共通の言語を大切にする


という3つの力を指しています。



伝える力というと、プレゼン能力や高いコミュニケーションスキルが
必要と思いがちです。プレゼン能力は大切ですが、基本の力とは、
具体的、確認、共通認識と言語です。




そして、もう一つ。
伝える力が高い人は、信頼関係を築く力を持っています。
実は、伝える力とは、相手に受け入れてもらう力です。
信頼関係を築けているからこそ、あなたの話はより受け入れられやすくなります。


正論や正しいこと、いいことを話していても、相手に伝わらない人がいます。
実は、相手に伝わらないのではなく、受け入れられていません。
信頼関係がないからです。


つまり、コミュニケーション能力の高い人は、信頼関係を築くことを大切にしています。
結果的に伝える力を高めることにつながるのをわかっているからです。



これらのように、信頼関係を大切にし、分りやすく伝え、受け入れられるコミュニケーションを取る。
これらを意識するだけで、相手の反応は変わります。



悩み3: コミュニケーションで人の話を聞けないんです(自分のことばかり話してしまう)



この悩みもよく聞きますね。


仕事であれば、部下の悩みや話に耳を傾けたいのに、
忙しいこともあり、最終的には自分が一方的に話してしまう。


恋人の話を聞けない、夫婦間でもパートナー話を聞かない。
聞けばコミュニケーションや人間関係が円滑になるのはわかっていても。
というケースは多々あります。


あなたは、大切な人の話を聞けていますか?


ほんの少し話を聴くだけでも、相手との関係性やコミュニケーションの中身が全然違います。
あなたが男性なら、特に女性は話をさせてあげることが重要です。
話すことでストレスが発散され、思考や感情が整理されます。


あなたが女性なら、男性の話を聞いてあげて下さい。
男性は認めて欲しい度合いが女性よりも強い生き物です。
話を聞きながら、ねぎらい肯定するだけで、
仕事、評価、収入があがっていくのも事実です。


男女に共通しているのは、お互いにコミュニケーションを通して、
理解し合うことで、自己重要感を満たすことができます。
そして、理解しあうことで心が満たされ、毎日の活力になります。


これを知るだけでも、相手の話を聞けるようになるかたは多いです。
それでも相手の話を聞けない場合は、こうとかけてみましょう。


「あなたの中で何が起きているのか?」


あなたの中で何かが起きて、相手の話を聞かずに、
自分ばかり話してしまうということが起きています。


例えば、

1、自分の自己重要感を満たしたい

 ・人は自分の存在を肯定したい生き物です。
  その為に、自分のことを話したり、人よりも自分を大きく見せたりします。
  

  自己重要感という考え方を知り、その満たし方を知ることで変化が始まります。
  日常的に自己重要感を満たす、自分自身の未解決の問題をクリアする。
  自分の話をすることで、何を得ているのかを深く掘り下げる。


  これらを通して、あなたの自己重要感を高めることができます。
  不思議と心の状態が安定してくると、人の話を聞けるようになります。



2、人の話を聴く方法とは

 ・コミュニケーション能力の高い人は聞き上手と言われます。
  聞き上手とそうでない人の違いは、相手の話を聴く必要を
  知っているかどうかです。


  そして、人の話を聴く方法を知っているかどうかです。
  なれないと難しいと感じる方も多いです。


  人の話を聴く時のポイントは、傾聴と質問です。
  人は質問すると話します。そして話してくれていることを聴く。
  この繰り返しで相手の話を聴くことが出きます。


  そして、傾聴と質問のスキルを身につけることは、
  あなたの人間関係・コミュニケーションをより円滑にしてくれます。



3、人の話しを聞く重要性を知る

 ・どうしてそれが大切なのか?それを知るだけで聞けるようになります。
  人の話を聴くのはどうして大切なのでしょうか?


  自殺を考えていた人が、話を聞いてもらっただけで踏みとどまった。
  ということがあります。人は話を聞いてもらうだけでも、
  自己重要感が満たされます。自分の存在を肯定できます。


  そして、コミュニケーションにおいて相手の話を聴くことは、
  相手を知ることができ、信頼関係を深めます。



  本当の意味で必要性を感じた時、人は行動が変わります。
  まずは、この知識を元に行動していただき、成果を実感します。
  そこから変化が始まります。



コミュニケーション取り方や能力は変えることができます。
聴くスキルと質問のスキルを身につけましょう。



悩み2 : コミュニケーションで緊張して上手く話せない




人前で話す苦手意識を克服する。


人前で緊張しない人がいます。
人前で均等しない人は、話すことを自分で楽しんでいます。
そして、相手を楽しませることが大好きです。


人を楽しませ、ユーモアとサービス精神にあふれた人。
緊張とは無縁のように見えます。しかし、そfれは間違いです。
たまに全く緊張しないという方がいます。
しかし、基本的にはだれでも少しは緊張します。


人前で話す時に、緊張するのは同じです。
しかし、その先は違います。


コミュニケーションが上手な人とそうでない人の違いと同じです。
人前で話すときも、1対1でコミュニケーションを取る時も、
大切なのは、相手にフォーカスすることです。


人気の講師や、人間関係が得意な人は共通して、
人の気持ちをいかに惹きつけるか、楽しんでいただくかへ意識を向けます。
意識が自分でなく人に向かっているので、必要以上に緊張する暇はありません。


必要以上に緊張している人は、自分に意識が向いています。


・失敗したらどうしよう
・どのように思われるか?どのように見えるか?
・うまくいくわけがない


自分の中に意識を向けています。



その上で、人前で緊張しなくなる方法はシンプルです。


1、人前で話す、コミュニケーションを取ることに慣れる
2、失敗しても大丈夫である、大した問題でないことを知る
3、一度、許される環境やコミュニケーションで失敗してみる



これだけで、失敗のイメージやマイナスの考えに囚われることなく、
相手のために伝える、コミュニケーションをとるという気持ちに変わります。
その時、あなたの意識が自分自身から相手に向きます。
相手に意識を向けた時、あなたのコミュニケーションに変化が起こります。


「どこに目をむけてコミュニケーションを取るかで、相手の反応が変わります」



悩み1 : コミュニケーションで相手の気持がわからない



相手の気持がわからない。


実は、このような悩みをお持ちの方は少なくありません。
人間関係、恋愛、夫婦関係、仕事や経営など、
相手の気持がわからないと頭を抱えます。そして、コミュニケーションが図れません。


これでは、人間関係においてはすれ違いばかり、
部下やお客様に対しては、適切なサービスや行動をとることができません。
恋愛や夫婦関係では人間関係が終わりかねません。


コミュニケーションにおいて相手の気持の分かる人は、あることを共通してやっています。
あなたのまわりにも、気持ちを察してくれる人がいませんか?
そういう人とのコミュニケーションは心地が良いと思います。


そして、心地が良いのは、相手はあなたに大切にされているとかんじるからです。
コミュニケーションを取っていると当事者はそれが分かります。



◯あなたは、真剣に人の気持ちが分かるようになりたいですか?


人の気持を察するのが上手な人が具体的にやっているのは、

1、相手のことを考える
2、相手の立場に立って考え、感じる
3、観察



人の気持ちを察する力のある人は、コミュニケーション能力が高いです。
実は上記の3つをあたりまえに行っています。


3つは言われてみるとシンプルです。
そして、認識した瞬間から人生が動き出します。


具体的には、

1、相手のことを考える

 意外と相手のことを考えだすところからすべてが始まります。
 これだけでコミュニケーション能力や気持ちを擦る力は格段に変わります。

 ・今、この人の中で何が起きているか?
 ・今、この人はどんな状況に置かれて、どのような気持ちなのか?
 ・今、NLP意を考え、感じ、どんな感情を持っているか?
 ・何をすると喜ぶか?
 ・何を求めているか?

 読めばあたり前のことですが、意外と意識していないことが多いです。



2、相手の立場に立って考え、感じる

 1番を更に深く行うことができるのが、2番です。
 実際に、相手の立場に立って、イメージの中で相手になります。
 相手の立場に立って、

 ・何を考えているか?
 ・何を感じて、どのような感情を持っているか?
 ・何を求めているか?
 ・どんな状態か?


 これができると、あなたのコミュニケーション能力は変わっています。
 相手の反応も変わり、人の気持ちがわからないと悩むこともくなります。



3、観察

 実は、1番と2番と同時に大切なのは、観察です。
 観察して相手をしることが、人の気持ちを察することにつながります。


 相手の反応、姿勢、目、声、表情の状態と変化を見守ります。
 相手の言葉だけでなく、コミュニケーションの最中の反応に、
 深い理解や相手の本音が存在しています。



このように、相手の気持がわからないよいう悩みは解決できます。
相手を理解するために時間を使う。それも重要なコミュニケーションの一部です。