【要注意!】自己愛のバランスがコミュニケーションでは大事


自己愛が強い、この言葉がどのような意味を持っていると思いますか?

一般的には、自己愛はとてもいい事柄のようにして、
捉えられます。

しかし、実際にはそうではありません。

あまりにも、自己愛が強い人には、
コミュニケーションや人間関係で問題が起こりがちです。


ここで自己愛について、かんたんに説明をしたいと思います。
自己愛とは、自分への評価が無駄に高い人の事を指します。

その本人は、大したことをしていないのに、
自己愛が高い為に、自分はできる、という評価を自分に与えています。

だからこそ、少しの失敗でへこたれてしまうこともありますし、
周りからの評価に対して、不服を申し上げる人もいます。

しかし、たいていの場合は、客観的に見ると、
その人は、決していい心の状態を持っているわけではありません。

過大評価をしてしまうことで、
他者と自分の評価の中に解離性がみられます。

そうすると、まっとうなコミュニケーションを取れない事が、
おおいようです 。

例えば、周りの人からまっとうなコミュニケーションの評価をしたとしても、
その評価を受け入れることができないのです。

なぜなら、自分の事を過大評価しているからです。

自分が自己愛が強いと思っているとしたら大丈夫ですが、
もしも自己愛なんて関係ない、と思っている人は、
特に、そういった人こそ、注意したほうがいいでしょう。

自己愛から、自分の身を崩す人もいますから。

それぐらい、自己愛とは一部の人にとって、
大きな問題なのです。