悩み1 : コミュニケーションで相手の気持がわからない



相手の気持がわからない。


実は、このような悩みをお持ちの方は少なくありません。
人間関係、恋愛、夫婦関係、仕事や経営など、
相手の気持がわからないと頭を抱えます。そして、コミュニケーションが図れません。


これでは、人間関係においてはすれ違いばかり、
部下やお客様に対しては、適切なサービスや行動をとることができません。
恋愛や夫婦関係では人間関係が終わりかねません。


コミュニケーションにおいて相手の気持の分かる人は、あることを共通してやっています。
あなたのまわりにも、気持ちを察してくれる人がいませんか?
そういう人とのコミュニケーションは心地が良いと思います。


そして、心地が良いのは、相手はあなたに大切にされているとかんじるからです。
コミュニケーションを取っていると当事者はそれが分かります。



◯あなたは、真剣に人の気持ちが分かるようになりたいですか?


人の気持を察するのが上手な人が具体的にやっているのは、

1、相手のことを考える
2、相手の立場に立って考え、感じる
3、観察



人の気持ちを察する力のある人は、コミュニケーション能力が高いです。
実は上記の3つをあたりまえに行っています。


3つは言われてみるとシンプルです。
そして、認識した瞬間から人生が動き出します。


具体的には、

1、相手のことを考える

 意外と相手のことを考えだすところからすべてが始まります。
 これだけでコミュニケーション能力や気持ちを擦る力は格段に変わります。

 ・今、この人の中で何が起きているか?
 ・今、この人はどんな状況に置かれて、どのような気持ちなのか?
 ・今、NLP意を考え、感じ、どんな感情を持っているか?
 ・何をすると喜ぶか?
 ・何を求めているか?

 読めばあたり前のことですが、意外と意識していないことが多いです。



2、相手の立場に立って考え、感じる

 1番を更に深く行うことができるのが、2番です。
 実際に、相手の立場に立って、イメージの中で相手になります。
 相手の立場に立って、

 ・何を考えているか?
 ・何を感じて、どのような感情を持っているか?
 ・何を求めているか?
 ・どんな状態か?


 これができると、あなたのコミュニケーション能力は変わっています。
 相手の反応も変わり、人の気持ちがわからないと悩むこともくなります。



3、観察

 実は、1番と2番と同時に大切なのは、観察です。
 観察して相手をしることが、人の気持ちを察することにつながります。


 相手の反応、姿勢、目、声、表情の状態と変化を見守ります。
 相手の言葉だけでなく、コミュニケーションの最中の反応に、
 深い理解や相手の本音が存在しています。



このように、相手の気持がわからないよいう悩みは解決できます。
相手を理解するために時間を使う。それも重要なコミュニケーションの一部です。