一歩差がつくコミュニケーション(信頼編)



コミュニケーションの前提と言われている考え方があります。
何だと思いますか?


キーワードは「信頼」です。


例えば、このような経験や似た経験はありませんか?
仕事、恋愛、人生全般など、どのようなシチュエーションでもいいのですが、
誰かにアドバイス、ダメ出し、意見などを頂いた経験。


不思議と、誰が話すかで受けとり方が違いませんか。


・素直に受け入れやすい人と、受け入れたくない人
・この人の言うことなら何かあると思える人と、そう思えない人
・何でも話せてしまう人と、何も話したくない人




上記の3つのケースは極端に話しましたが、
ポイントはアドバイスの内容も大事ですが、「誰の」アドバイスか?です。



コミュニケーション能力の高い方共通していることは、
相手から信頼をされていることです。


具体的には、次のような信頼を得ています。

・意識レベルでの安心感
・無意識レベルでの安心感




特に大切なのは、無意識レベルの安心感です。
心の深い部分で、あなたが相手にとって、

・安心できるかどうか?
・違和感がないか



大きく言うとこの2点が大切です。
コミュニケーション能力が高い人、人間関係を作るのが上手な人は、
意識的か、無意識にこれを行っています。


そのために必要なことは、3つです。
以下の3点が基本となり、コミュニケーション能力に違いを生み出します。


1、相手の気持ち・言動へのフォーカス
2、人間心理の理解
3、人間心理の理解に基づいたコミュニケーションの基本スキル



一見、難しそうに見える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、大丈夫です。


実際にはシンプルに、段階的に上記の3つを身につけて、
コミュニケーション能力を高めることはできます。


3つを意識したコミュニケーションや学習を繰り返すことで、
今までとは違いが生まれるはずです。


一歩差がつくコミュニケーション能力(フォーカス編)



コミュニケーション能力に違いを作る最大のポイントをご紹介します。
ここでは、フォーカスと信頼という2つのテーマでお話いたします。


基本的な内容なのですが、以下の様な違いを生み出している大事なポイントです。


・コミュニケーション能力が高い方とそうでない方の違い
・人間関係が良好な方とそうでない方との違い
・人間関係を育むめるかたとそうでない方との違い



まずは、フォーカス編ということで、「フォーカス」についてご紹介していきます。
シンプルに表現すると、「人にフォーカスしているか?」ということです。
人にフォーカスしてコミュニケーションをとると、あなたの行動が変わります。

そして。。。「相手の反応も変わります」



実は、コミュニケーションの基本は、人にフォーカスしているかしていないかです。
例えば、優れたコミュニケーションスキルを身につけることで、
コミュニケーションや人間関係が円滑に進むことは多々あります。


仕事なら結果を出すこともできます。
男女関係やパートナーシップでも効果を発揮します。
しかし、コミュニケーションスキルだけでは足りません。


理由は人にフォーカスしていないコミュニケーションは、
相手に伝わるからです。最終的には人にフォーカスして、
相手を大切にしているかどうかが重要です。


相手の気持ち・反応・行動に目をむけているかどうかです。
ここが見えていれば、自然とあなたの関わり方・言動が変わります。
これができるようになった時、コミュニケーション能力は向上しています。


このような人へのフォーカスができた時、
コミュニケーションスキルがさらなる効果を発揮してくれることでしょう。
ですから矛盾しているようですが、コミュニケーションスキルの学習も大事です。


傾聴する力は、そのままコミュニケーション能力の高さにつながる



傾聴することが、コミュニケーション能力を高める理由。
そして、傾聴できないと、コミュニケーションで損をする理由。


実は、傾聴する力を身につけることは、あなたのコミュニケーション能力を
高めてくれます。傾聴する力と言っても型にはまったものではありません。
人により、コミュニケーションのとり方は違いますので、その人なりのベストな
傾聴の使い方が存在します。


重要な事は、傾聴のポイントをはずさないことです。
そして、それ以上に、傾聴のポイントをしっかりと押さえます。



まずは、傾聴で大切なことを具体的に、2つお話します。

1、相手に、相手が話したいことを話してもらう
2、相手の話を否定せずに、受け止めながら話をする



その上で、冒頭の2つ、

・傾聴することが、コミュニケーション能力を高める理由。
・傾聴できないと、コミュニケーションで損をする理由。

についてお話します。




実は、傾聴することで次のようなことが起こります。

・だんだんと相手が自己開示して、自分のことを話してくれる。
 この時に、しっかりと相手の話を受け止めてコミュニケーションを取ることで、
 さらに自己開示してくれます。


その結果、あなたは、相手から見て、

1、話を聞いてくれる
2、話せる
3、信頼できる
4、気を許せる
5、貴重な人間
6、自分を受け入れてくれる


という存在になります。



この時点で、あなたがそれほど話をしていなくても、
人間関係を育むことができるはずです。


こういった理由から、傾聴する力は、
コミュニケーション能力を高めることにつながります。

ここまでを知れば、傾聴をしないことでどんな損をするのかは、
イメージできるかもしれません。後は、傾聴しながらも、
相手を楽しませる力、伝える力などを身につけることで、
より、コミュニケーション能力を高めることができるようになります。


頭で考えることから、声に出しての練習へ



実は、コミュニケーション能力で悩む理由は3つあります。


人生で苦しい時や踏ん張っている時のパターンは、

・頑張っているのに成果や成果の見込みを感じることが出来ない
・やってもやっても上手くいかない
・いざ行動してみると思ったよりもうまくできない



などかもしれません。
そして、自分なりに頑張っていること、真剣に望んでいることが、
より一層の悔しさや焦りを生み出します。



実は、このように感じている方や、これからコミュニケーションを学ぼうとしている方は、
あることを心がけるだけで、コミュニケーション能力が向上するスピードが変わりますし
確実にコミュニケーション能力を高めることができます


下記の3点を心がけると大分変わります。
今のご自身の段階を確認して、そこから上の段階に進んでいくといいかもしれません、


1、コミュニケーション能力の向上について毎日考え・イメージし・思いを寄せる

・多くの方は自分の得意を持っています。得意に関してはほぼ毎日、
 自然に想いを寄せています。しかし、意外と悩みやうまく行っていないことに関しては、
 想いを寄せているようで、上手くいっていない自分への内面での愚痴や嘆きになって
 いたりします。

 ですので、ここでいう思いを寄せるとは、可能性に想いを寄せて、
 最低でもコミュニケーション能力が向上している自分を見据えて、
 今の自分に向き合うことを指しています。



2、コミュニケーションをとっている自分をイメージする

 ・イメージするとしないとでは全然違います。シミュレーションをした分だけ
  実践が伴った時にブレイクスルーが起きやすくなります。



3、頭で考えることから、声に出しての練習へ

 ・頭だけののシミュレーションと声に出しながらのシミュレーションでは、
  身体の使い方・気づき・発想に大きな差がでます。最終的には、
  出来れば、最初から、今すぐ、この方法を試してほしいとおもいます。


最終的には、1番都3番を押さえることで、あなたのコミュニケーション能力の
基礎力を高めることができます。


コミュニケーション能力を上げて気づいた恥ずかしさ


コミュニケーション能力が大事な事が
多くの場面で叫ばれています。

恐らく、少なくとも一度は、コミュニケーション能力の大切さを
目にしたことがあるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力向上!という事で、
色々な場面でその必要性が挙げられています。




しかし、コミュニケーション能力を向上することで、
どのようないいことがあるのでしょうか。

この点を具体的に言及している人は、
ほんとうに少ないと思います。

そこで私が、コミュニケーション能力を向上させた事で、
得られた気づきついて、紹介します。




私が、コミュニケーション能力について、勉強を始めた時に、
最初に気づいた事は2つありました。

その2つとは、
・自分のこれまでのコミュニケーションの稚拙さ
・コミュニケーションの面白さ・奥深さ



この2つを通して、人間関係は加速度的に深まりました。


なぜなら、自分が使っているコミュニケーションを
自分で判断することができるようになったからです。


自分のコミュニケーションが恥ずかしいとしたら、
そのコミュニケーションに気づく事ができます。

また、コミュニケーションが上手にできたら、
その理由について、分析することもできます。

この違いを知ることができるので、
とてもコミュニケーションが面白いのです。


だからこそ、コミュニケーション能力を向上させる意味で、
コミュニケーションを勉強することをオススメしますが、

それ以上に、コミュニケーション能力を学ぶことで、
見えてくる世界について、学ぶことも面白いとおもいます。


コミュニケーション能力が気になっている人は、
どんどん、コミュニケーションセミナーに参加することを
オススメします。

そうすることで、コミュニケーションを取る上で大切な事を
十分に学ぶことができるでしょう。

そして、それは人生のクオリティーの向上にも結びつきます。

相手の意見と同じぐらい自分の意見も大事にする


コミュニケーションについて、学んでいると、
相手の意見を尊重しましょう。

という話がたくさん出てきます。

もちろん、この事はとても大事な事で、
コミュニケーションを円滑にする上で、
絶対に欠かせない人間関係の考え方です。

しかし、意外な事にとても大事な事があります。
それは、自分の意見を尊重する事です。


相手の意見と同じぐらいに、
自分の意見も尊重する事で、良いコミュニケーションが生まれます。

自分の意見を黙っている時は、
意外な事にストレスが溜まっていることが事実です。

そして、その心の状態は、どこかで破綻をする事でしょう。

このような状態では、良好な人間関係が作られず、
相手の心の状態にも、マイナスな印象を加えてしまう事になるでしょう。

それは、お互いに取って良いことではありません。

そこで考えることができるのは、
自分の意見も尊重する事です。


コミュニケーションを取るときに、相手の言葉を尊重するだけではなく、
自分の意志も十分に尊重する事が大事です。

そうする事で、これまでにはなかった結果を
持つことができるようになる事は、事実です。

この違いについて、十分に理解できるようになってくる事は、
これまでにはなかった事にも気づくことになることでしょう。


それは、とても大きな変化を起こすことにも、
つながってきます。

ぜひ、この考え方を使ってみて下さい。
多くの変化を感じ取ることができます。

自分の意見も大事にするコミュニケーション。
ぜひ、意識してみて下さい。


そうすると、相手も自分の事を尊敬してくれます。
対等な関係の中にこそ、相手への尊敬の念が出てくるものです。

だからこそ、相手にしっかりと意見を伝えるコミュニケーションを
十分に心がけていくようにしましょう。

とても大事な考え方の一つです。


相手の言葉を意識したコミュニケーションをする方法

相手がどのような言葉を発しているのか?
これを意識する事は、とても大事な事です。

コミュニケーションをする上で、相手が発している言葉を
意識することは大事です。

相手の発している言葉を意識することは、
コミュニケーションの基本といってもいいでしょう。


例えば、相手が「あっちに置いて下さい」といった場合は、
自分も「あっちですね」と言ったほうが伝わりやすいです。


この時に、別の言葉を発すると、
お互いにコミュニケーションがとれないかもしれません。

例えば、「あっちにおいて下さい」と言われた際に、
「こっちに置くのですね」と表現する事です。

このような表現をする事で、
コミュニケーションの不一致感が起こることが多いです。

コミュニケーション能力が高い人は、
このあたりの言葉の使い方がとても上手です。

もしも、普段のコミュニケーションの中で、
このようなことを意識していない場合は、
意識してみると、いい結果を持つことができることでしょう。

コミュニケーションをする上で、とても大事な事です。


人間関係やコミュニケーション能力が高い人は、
この辺りの事を意識している人が多いです。


コミュニケーション能力の向上を意識している人が、
このサイトを読んで頂いている可能性が高いと思います。

これは、コミュニケーションでとても小さな点かもしれません。
ですが、意識するだけで、結果は大きく変わってくることでしょう。


ぜひ、意識してコミュニケーションを取ってみてくださいね。
相手の発する言葉を意識することで、結果が変わることでしょう。


【要注意!】自己愛のバランスがコミュニケーションでは大事


自己愛が強い、この言葉がどのような意味を持っていると思いますか?

一般的には、自己愛はとてもいい事柄のようにして、
捉えられます。

しかし、実際にはそうではありません。

あまりにも、自己愛が強い人には、
コミュニケーションや人間関係で問題が起こりがちです。


ここで自己愛について、かんたんに説明をしたいと思います。
自己愛とは、自分への評価が無駄に高い人の事を指します。

その本人は、大したことをしていないのに、
自己愛が高い為に、自分はできる、という評価を自分に与えています。

だからこそ、少しの失敗でへこたれてしまうこともありますし、
周りからの評価に対して、不服を申し上げる人もいます。

しかし、たいていの場合は、客観的に見ると、
その人は、決していい心の状態を持っているわけではありません。

過大評価をしてしまうことで、
他者と自分の評価の中に解離性がみられます。

そうすると、まっとうなコミュニケーションを取れない事が、
おおいようです 。

例えば、周りの人からまっとうなコミュニケーションの評価をしたとしても、
その評価を受け入れることができないのです。

なぜなら、自分の事を過大評価しているからです。

自分が自己愛が強いと思っているとしたら大丈夫ですが、
もしも自己愛なんて関係ない、と思っている人は、
特に、そういった人こそ、注意したほうがいいでしょう。

自己愛から、自分の身を崩す人もいますから。

それぐらい、自己愛とは一部の人にとって、
大きな問題なのです。



自分とのコミュニケーション能力も大事です。


「コミュニケーション能力」と聞くと、
恐らく、周りの人とのコミュニケーションを意識する人が、
多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはそのようなことはありません。

周りの人とのコミュニケーションというと、
仕事場やビジネスの現場でのコミュニケーションを指しますが、
実際にはそれだけではありません。

それだけではなく、
自分とのコミュニケーションも大事です。


自分とのコミュニケーションが上手になることで、
周囲とのコミュニケーションも上手になるのです。

これは、とても大事なことですが、
自分とコミュニケーションがうまくできていない人は、
周りとのコミュニケーションもうまくできません。

なぜなら、コミュニケーションとは、
自分自身から発信されるものです。

だからこそ、自分の内面でのコミュニケーションが
うまくできていない時には、
その状態が外の世界にも反映されてしまいます。

その状態では、うまくいくことができません。

自分とのコミュニケーションがアンバランスな場合は、
その状態が外の世界にも反映されてしまうからです。

そこで、大事なこととは、
自分自身とのコミュニケーションなのです。

自分とのコミュニケーションが上手く出来るようになってくることで、
他者とのコミュニケーションも上手になっていくはずです。

心が落ち着いてきますから、
そういった意味でも、効果があると言ってもいいでしょう。

自分との対話やコミュニケーションを心がけてみて下さい。


意外と難しい!コミュニケーションで大事な事


コミュニケーションをしていると、
意外と難しいな~、と思うことがたくさんあることに、
気づくことが多いです。

例えば、こんな事がありました。

コミュニケーション能力セミナーで、
学べば学ぶほど、違いに気づくことになり、
自分のコミュニケーション能力に気づきます。


人との対話の中で、人間関係が作られる訳ですが、
その中で、気づくことがあったとします。

その時には、そのことを認めたほうがいいと思います。

しかし、それにしても凹むことがあります。


その時に、どのような心の持ちようを持つといいのでしょうか?


コミュニケーション能力の低さに、びっくりしたとしても、
こんな心持ちをしているといいでしょう。


「これまで見えなかった事が見えるようになったのだ」


そうすると、人間関係の失敗も、心が軽くなっていくことでしょう。
この違いに気づくことが出来るようになります。


ちなみに、コミュニケーション能力向上のために、
このサイトを運営していきますが、この記事の内容は、
実際に、わたしが経験したことです。

その中で、自分が気づいた事を書いているわけです。
だからこそ、多くのことに気づくことができることでしょう。

実際に、体験した人の言葉は重たいと思います。



話を元に戻して、
意外と難しいコミュニケーションですが、
このコミュニケーションで難しいことは、
下手なコミュニケーションをした時に、凹まずにいることです。


大抵の人は凹んでしまうのです。
ここが、コミュニケーションで意外と難しいことです。

精進することが求められると思います。