NLPコース体験で知ったこと






NLPコース体験会というものがあります。
NLPの初歩的な事を学ぶことができるものです。

わたしが、NLPを学び始めた最初には、
この体験会に参加することから始めました。

そうすると、これまでにはわからなかったNLPの視点を
持つことができるようになりました。

具体的な事を言いますと、それはNLPの全体像をつかんだ事と、
具体的な使い方まで落としこむことができるようになったことです。

これでは、書籍でNLPのことを知ることができたのですが、
中々それ以上の事を知ることができませんでした。

ですので、NLPコース体験を行うことで、
ほんとうに色々な視点を持つことができるようになりました。

そのごにわたしが、ここまでNLPにハマることになるとは思いませんでした。
ほんとうに不思議なことですが、この事はとても面白い事ですね。

NLPのことを学ぶことでわかってくることは、
とてもおもしろいことでした。


NLPコース体験では、NLPのことを学ぶことはできました。
そして、それ以上に様々な事を学ぶことができました。

その事とは、NLPのコースに参加する人は、どのような人であるか?
ということです。

そして、さらに感じることができたのは、
NLPトレーナーさんの雰囲気です。

団体さんによって、その雰囲気は全く違いますので、
その点については、色々な団体に参加することで、
イメージすることが一番大切なことだと思います。

NLPコース体験会に参加することで、
これらのことがわかるようになります。



コミュニケーションの認知マインド







コミュニケーションに限らず、いろいろなことに言えることですが、
一つのことを掘り下げていると、いろいろなことに気づくことになります。

その一つとして、コミュニケーション
を挙げることができるとすると、
コミュニケーションについて、いろいろと施策を広げていることで、
これまでになかった視点を知ることができるようになってきます。

例えば、相手のコミュニケーション能力の高さや低さを知ることが、
できるようになってきますし、人の行動の意図を読む解くことが、
できるようにもなってくるのです。

視点が上がることは、永遠に続いていくものです。
ですので、常に問題意識を持っていることが、大事な事になってくるのです。


この問題意識をしっかりと持つことができるようになると、
これまで以上にコミュニケーションのコツが見えてくるでしょう。

このようなところがあるので、私自身もコミュニケーションについての
勉強をやめることができないでいることが挙げることができます。


例えば、NLPではラポールテクニックというものを使って、
人間関係の構築を行います。

NLPのラポールテクニックに限らず、感じていることは、
とても面白いこととして知ることができることと思います。

NLPを勉強している人は、一様にこのようなことを言います。
「NLPは学べば学ぶほど、その深さに気づくことができるものだ」

このようなことを言っている人は、多いように思います。
実際に、わたしはそのようなことを感じている人の一人です。





うまく人のコミュニケーション能力






うまくいっている人は、コミュニケーション能力が
あるかと思います。

このコミュニケーション能力とは、
誰とでも仲良くすることができることも大事なのですが、
それ以上に、仲を良くすることができない人と、
一緒に何かを成し遂げることが出来ることが大切なんだと思います。

仲良しの人であれば、誰でもうまくいくことと思います。
しかし、仲良しではない人とのコミュニケーション能力こそ、
他の人との違いを産み出すものなんだと思います。

そこが、価値創造なんですね。



プライベートでのコミュニケーションがうまくいっている云々の話は、
別のことになってくると思います。

正直言って、そこまで重要なものではないのです。
しかし、組織の中でのコミュニケーションの立ち位置のようなものを
知ることができるようになってくると、
別の視点も生まれます。

それは、一対一のコミュニケーションではなく、
一対全体のコミュニケーションです。

いわゆる組織内でのコミュニケーションです。



会社組織に関わらず、色々な組織というのは、
色々なしがらみが存在する事と思います。

時には、心の状態を害することもあるでしょう。
しかし、そのような状況をくぐり抜けることができると、
さらにいい結果を産むことができるようになってくるんですね。



この点が、コミュニケーション能力が、ある人とそうではない人の
違いを産み出すことになってくるんだと思います。

NLPセミナーに参加して、その事を理解することが出来ました。





コミュニケーション能力向上の手引き







NLPを学んでいるので、わかってきましたが、
NLPは、コミュニケーション能力向上の手引きとして、
捉えることができるものであると思いました。

コミュニケーション能力は、人間関係を得るために、
かなり大切なものだと思いますが、その為にNLPを勉強すると、
コミュニケーション能力を向上することができるものと思います。

NLPを一緒に学んだ受講生の方の中には、
受講を開始したときと、終わったときでは、
明らかに顔の表情が違う方がいらっしゃいました。

この違いも、NLPを学ぶことで取得することが出来たのだと思います。
文字通りに、NLPはコミュニケーション心理学であると思います。

NLPを学ぶことによって、コミュニケーション能力の向上を
獲得することができるものと思います。

わたし自身も、コミュニケーション能力について、変わった事を
感じることがありました。

例えば、仕事関係でこれまで苦手だった人がいなくなりましたし、
あるいは、いなくならないとしても、気にならないようにもなりました。

この変化を得ることができたのは、NLPを学んでコミュニケーションの
流れを知ることができたことが大きな要因だった事を感じています。

NLPを知って、得られたものは色々なものがありますが、
その中でも大きな変化として得られたものは、
コミュニケーション能力の向上ではないかと思います。

NLPを学んでよかったと、今では心のそこから思います。
テクニックだけではなく、実際の生活に大きな変化を
もたらすことができるのが、NLPだと思います。




生産性の高い組織とコミュニケーション







NLPをやっていると、生産性の高い組織について、
考えることが増えます。

NLPの言葉を使うと、チャンクが高い組織というのでしょうか。
その視点が生まれることを感じています。
NLPセミナーに参加するまでは、そのような事は、
なかったことですので、とても面白い体験です。

ところで、生産性の高い組織というのは、
どのような組織の事を指すのか、ご存知ですか?

生産性が高い組織は、リーダーとメンバーの関係で、
決まることが多いようです。

もちろん、個人個人の能力が大切ですが、
組織という意味では、その点が大切になってくると、言います。

一番ダメな組織のパターンは、リーダー格の人間の能力が、
低い状態のことを言います。

次に、ダメな組織のパターンは、なかよしグループになってしまっているところです。
そして、次にダメな組織は、リーダーが能力が高いために、
周りの人がついて来れなくなっている組織です。

最高の組織体系は、当たり前のことなのですが、
リーダーの能力が高く、人間関係もしっかりと、
メンバーと作れている組織です。

しかし、そのような組織を作ることは、
普通は難しいですよね。

ですから、リーダーとなっている人間は、
常に努力を続けないといけません。

NLPでも、セミナーに参加しただけでは、
その能力を上げることはできません。

実際に、実践の中で、ご自身のNLPの技を鍛えていくことが、
大切な事となってくるのです。

あなたの組織は、生産性が高い組織でしたか?
この視点を持つと、見えるものがかわってくると思いますよ。



様々な視点で見るコミュニケーション







様々な角度から物事を見ることができるようになった。

NLPセミナーに参加した方は、このような事を口にします。
実際に、わたしもそうですが、NLPセミナーに参加すると、
自分自身の物事の認識が大きく変わってくることが、
考えられるようです。

結果として、様々な角度から物事が見れるようになるのですね。
これが、NLPの考え方の一つです。


そして、同時に自分の考え方に柔軟性を持つことができるようになった。


そうなのです。様々な角度から物事を見ることが、
できるようになっているのですから、
様々な情報を受け取ることができるようになってきます。

結果として、ものすごい柔軟性を
持つことができるようになってくるのです。

これが、NLPの考え方の一つとして、
挙げることができる事です。

物事には、2つの側面があると思います。
一つの側面とは、プラスの側面です。

そして、もうひとつの側面は、マイナスの側面と
いってもいいかもしれませんね。

この2つの側面を持っているので、
物事を知るときには、プラスの側面に目を当てるだけではなく、
その一方の面にも目を当てることで、
その柔軟性が湧いてくるでしょう。

NLPとは、このような使い方ができるものです。
ご自身のことを改善したいと思ったときには、
NLPのこのテクニックを使ってみると最適でしょう。




返報性の法則を使ったコミュニケーション





コミュニケーションの考え方を知るときに、
一つの基本的なコミュニケーションの考え方があります。

色々な書籍で、コミュニケーションのことが、
触れられていますが、この事について、
触れていない書籍はないぐらいに、
とても基本的な考え方であると思います。

その考え方とは、
「返報性の法則」と呼ばれている
コミュニケーションの方法論です。

このコミュニケーションの基本的な考え方は、
以下のとおりです。

人は、自分がしてもらったことに対して、
なんらかのアクションを起こしたいと考えるものです。

ですから、こちらがいい対応をすると、
相手もこちらの対応を返したくなるものですし、
逆に、自分自身が悪い対応をしていると、
相手も、それに見合ったような対応をしてしまうのです。


ですから、返報性の法則をうまく使うことによって、
周りの人とのコミュニケーションをうまく円滑に
することができるように努力をすることができるのです。

例えば、このような些細なことでも結構です。


何か、コミュニケーションをする時には、
一言何かを添えることも一つのコミュニケーションでしょう。


こちらが、相手の事を気にかけていることに対する
ジェスチャーとなりますから、相手はこちらにも、
良い対応をしていくるようになるでしょう。

このようにして、段々とコミュニケーションの
質を高めていくのです。

それは、NLPセミナーの中でも、触れられていることです。
少しづつでも、コミュニケーションを行って、
相手に、いい印象を持ってもらう努力を続けましょう。



サッカー日本代表のコミュニケーション






最近、色々なところで話題になったのは、
サッカー日本代表ではないでしょうか。

ご多分にもれず、わたくしもサッカー中継を
深夜まで観てしまいました。

このサッカー中継の時に、感じたことは、
色々な思いがありました。

「なんだか、日本代表の雰囲気がいい」
「勝ち越されても、取り返そうとしている」

この事が、とても印象に残っていました。

なぜ、このような雰囲気を作り出しているのか?


とても気になっているところに、
あるニュースを知ることができました。

そのニュースの中では、
このようなことが書かれていました。



「ザッケローニ氏、チーム内のコミュニケーションを大事にした」


つまり、日本の快進撃は、ここにあるのではないかと、
わたしはそのときに直感のなかで思いました。


チーム内で、最高のパフォーマンスを
発揮するには、チーム内の安心感をもっている
必要がとてもあります。


チームがコミュニケーションが取れていると、
安心感が生まれます。

そのけっかとして、選手は自分のパフォーマンスを
発揮することができるのです。



NLPワーク中にも同じことが、言えます。

この事はわたしがNLP資格セミナーに参加したときのことです。


NLPワークをセミナー中に行うのですが、
行ってもらう人によって、その体験の深さが
違うのです。

いい人と行うことができると、
とても深い体験をすることができます。

しかし、下手な人と行っていると、
中々いい体験をすることができなくなります。

NLP用語で言うと、ラポールが築けているか?
ということです。


これが、サッカーでもNLPでも言えるのだと思ったのでした。




【管理人】NLP勉強中!

こんにちは!このサイトの管理人です。
完全趣味なサイトですが、皆さんの学びになる情報が詰まっていると、
とても嬉しく思います。

コミュニケーション資格、NLPと色々なコミュニケーションの勉強をしてきました。
その情報について話ができるととても嬉しく思います。

【勉強した(している)もの】

・NLP
・コミュニケーション
・WEB関係

【一覧】 コミュニケーション能力向上 7つのコツ